★個別指導塾はフランチャイズが多い?★

個別指導塾はニーズに増加に伴い今では全国で多くの教室が開校されています。テレビCMでもお馴染みの大手から個人の教室まで多岐に渡っています。さてこの個別指導塾ですが、飲食店やコンビニのようにフランチャイズで展開されているケースが多いのをご存知でしょうか。フランチャイズとは、個別指導塾のブランド名や指導ノウハウを提供する代わりに、教室運営によって得た売り上げの何%かをロイヤルティーとして本部に支払う仕組みです。教室の開業に伴う資金はフランチャイズを利用する運営者が負担するため、本部側は費用負担を最小限に抑えながら教室の多角化を図ることが可能です。いっぽう、運営者側は、ノウハウが無くても個別指導塾を経営でき、知名度のあるブランド名で開校できるので生徒獲得がゼロから始めるより容易なメリットがあります。では、生徒にとっては直営校と呼ばれる個別指導塾の母体が直接運営している個別指導塾のほうが良いかというとそうとも限りません。フランチャイズでも本部からのノウハウを取り入れて質の高い指導を実現している教室はたくさんあります。直営校でも講師との相性が合わなかったり、そもそも指導法が合わなかったりするケースもあります。したがって、個別指導塾を探す際は、フランチャイズ・直営校に関係なく自分で足を運んで確認することが重要となってきます。個別指導塾は講師から直接指導を受ける仕組みなので、講師との相性が一番です。講師と相性が良ければモチベーションも高まり、通塾するのが楽しみになって学習効果が高まります。教材は、全国どこでも同じものを使うので差はありません。あとは自習室が完備されているかなど学習環境を確認していくと良いでしょう。フランチャイズによって地方でも個別指導塾の教室展開が容易となり、首都圏など大手の個別指導塾に通う生徒と同じ指導を受けられるようになりました。したがって、フランチャイズは品質管理にバラつきがあるなど言われていますが、メリットも大いにあります。

個別指導塾